横浜市金沢団地協同組合:「明るく元気な団地づくり」 を目指し、環境に配慮した協同組合です。

組合概要

  • HOME »
  • 組合概要
名称 横浜市金沢団地協同組合 略称YKD
代表者 理事長 榎本 英雄
所在地 〒236-0002 横浜市金沢区鳥浜町16番6 鳥浜振興会館1階
連絡先 TEL 045-774-4852(代表)
FAX 045-775-0678
E-Mail info@kanazawa-danchi.jp
創立 :1972(昭和47)年4月22日
概要 組合員数:140社(含:準組合員29社)
出資総額:38,390,000円
役員数: 理事:20名(定員)  監事: 2名(定員) 事務局員数: 2名
団地総面積 1,416,554,82m2(中小企業面積539,839,67m2

理事長挨拶

「明るく元気な団地づくり」を目指して
理事長 榎本 英雄

理事長 榎本 英雄

横浜市金沢団地協同組合は、昭和47年4月金沢区鳥浜町に設立され、今年で46年目を迎えており、現在約140社の組合員を有する神奈川県下有数の団地組合として発展しております。
当団地が所在する金沢臨海部は、シーサイドライン(平成元年)、湾岸道路(平成13年)が開通、また八景島シーパラダイス(平成5年)、横浜ベイサイドマリーナ(平成10年)の営業開始等、横浜の流通・産業の中心地として逐次整備されてきております。
今後は、圏央道の高速横浜環状南線の整備、横浜市中央卸売市場(南部市場)再編計画及びホテルの建設計画があり、流通・産業の基盤がさらに充実したものとなります。
このような 社会的環境の変化の中で横浜市金沢団地協同組合は、『明るく元気な団地づくり』をスローガンとして、組合員相互扶助を図り各種の活動を行っております。
環境活動の一環として実施している団地内中央道路(1.5km)の街路樹(約150本)の下を花で一杯にする活動も13年目を迎え、毎年春に3000本の草花が目を楽しませてくれます。
また、鳥浜工業団地が良好な環境を維持するため「環境モデル産業団地」を目標に、鳥浜工業団地で操業する全ての企業が、機能的かつ良好な操業環境を維持するための「自助努力」をする活動を開始しました。
今後も、企業間連携による各企業の発展を図りながら、組織の団結力を地域社会へ貢献するとともに、横浜市との連携を強め、防災対策、地域振興等の施策へ積極的に協力して社会的責任を遂行する所存であります。

横浜市金沢団地協同組合へのアクセス

鳥浜工業団地幹線図
鳥浜駅への経路
鳥浜町
横浜市金沢団地協同組合鳥浜振興会館

役員名簿

役員名 氏名 会社名 会社役職名 組合役員
理事 榎本 英雄 海洋電子工業(株) 代表取締役社長 Dブロック長
理事 常山 洋 富士川建材工業(株) 会長 Eブロック長
理事 髙島 眞澄 協和合金(株) 代表取締役社長 Fブロック長
理事 武居 正則 (株)武居商店 代表取締役社長
理事 森島 一夫 磯子トランスシステム(株) 代表取締役会長 Bブロック長
理事 高橋 章 (株)三徳 代表取締役会長 Aブロック長
理事 小松 充明 岡谷セイケン(株) 代表取締役会長
理事 飯沼 健史 富国運輸(株) 代表取締役社長 Cブロック長
理事 藤枝 慎治 (株)グーン 代表取締役会長 環境問題改善
理事 卜部 礼二郎 神奈川機器工業(株) 取締役社長
理事 梶田 兼一 (株)カジタ 代表取締役社長
理事 大村 直樹 横浜鉄工(株) 代表取締役社長 広報
理事 向井 一馬 三和化成工業(株) 取締役生産本部長
理事 青柳 民朗 (株)青柳製作所 代表取締役社長 地域対策
理事 鈴木 佳則 横浜プレシジョン(株) 代表取締役社長
理事 大崎 逸朗 (公財)神奈川県予防医学協会 集団検診センター長 労務改善
理事 国定 宏至 (株)パーマケム・アジア 鳥浜副工場長
理事 磯部 和良 トヨタメトロジック(株) 総務室室長
監事 山口 修 横浜エレベータ工業協同組合 理事
監事 五十嵐健太郎 横浜市下水道管理協同組合 監事

設立の経緯

根岸湾埋立図

根岸湾埋立図

横浜市金沢団地協同組合は、1972年(昭和47年)に設立され、40有余年間 横浜市の工業と共に発展している。
昭和42年8月公害対策基本法成立を契機に、横浜市は住工の混在を解消するとともに中小企業の近代化を図ることの一環として、埋立事業における「ハ地区」が中小企業団地とされた。
昭和43年8月 同工業団地へ進出を希望する横浜市内の中小企業の公募を実施し、一部商業を含む29業種270余社の中小企業工業団地が誕生することとなった。
昭和44年から根岸湾埋め立て事業が開始され、同年9月25日進出を決めた155社によって「横浜市根岸湾ハ地区進出企業協議会」が設立された。
同協議会は、新しい工業団地のインフラ整備及び市当局との調整に尽力し企業進出が一段落した昭和47年4月1日 159社により「横浜市金沢団地協同組合」が結成、設立された。

組織図

横浜市金沢団地協同組合 組織図

各委員会業務

委員会名称 業務内容
総務委員会 ・組合活動全般の企画、運営
・組合予算の統制、管理
・財務、会計
・事務局業務体制の検討
・組合イベントの企画・運営
施設運営委員会 ・会館、駐車場の管理運営
・施設の整備
・賃貸契約の見直し
広報委員会 ・ホームページの管理
・組合ニュースの編集、発刊
・組合地図の作成
・組合活動、事業のPR
・行政からの情報配布
・組合歴史保存
地域対策委員会 ・環境美化活動(バス通り花壇活動)
・公園整備(愛護会活動)
・防犯、交通安全
・道路照明灯の維持整備
・活動の表彰選考
労務改善委員会 ・企業内安全衛生活動
・健康経営
・技能講習情報配布
・安全衛生関連情報の配布
・人材確保に係わる活動
環境問題改善委員会 ・操業環境の維持
・環境問題の摘出及び改善
・環境保全(ハマロードサポーター一斉清掃活動)
鳥浜経営研究会 ・組合若手経営者及び次世代経営者等の連携の強化
・他団体との交流
・地域及び組合の活性化に係わる検討、企画、実施

各委員会の活動概要

総務委員会

・横浜市優良事業所候補の選考
・福利・厚生に関わる事項
・イベント・会議等の企画実施
 

総務委員会

地域対策委員会

・環境保全(パトロール)
・地域貢献活動 ・各種訓練(防災) 
・美化活動(清掃)・鳥浜公園愛護会活動
・バス通り花壇活動・表彰

地域対策委員会<

施設管理委員会

・組合施設の維持・管理
 
 
 

施設管理委員会<

広報委員会

・行政機関からの刊行物配布
・年間3回の組合機関誌の発刊
・組合ホームページの維持管理
・工業団地見学・研修会の対応

広報委員会<

労務改善委員会

・労務・安全・衛生に関わる講習
・安全パトロール
・労務安全資料の配布
・組合予防接種
・就職面接会の企画

労務改善委員会

環境問題改善委員会

・環境問題の摘出・改善案の策定
・環境維持の監視・教育
・ハマロードサポーター活動
 
 

環境問題改善委員会

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.